ダイヤモンドの指輪の選び方

ダイヤモンドの選び方をご存じですか
さて、婚約指輪というとその多くは、きらびやかなダイヤモンドがプラチナの枠に留められているのを想像しますよね。婚約指輪の選び方は、このダイヤモンドと枠の選び方だと言っても良いのですが、まずはダイヤモンドそのものの選び方が大事です。ダイヤモンドの善し悪しを決める評価として一般に知られているのは「カラット」です。これは大きさではなく宝石の 「質量」、 つまり重さを表す単位で、 1カラットが 0・ 2グラムに相当します。 一円硬貨がちょうど 1グラムですから、 0 ・2グラムといえばその 5分の 1です。実際に 1カラットダイヤモンドといえば、 かなりの大きさがあります。カッティングのしかたによって少々の違いはありますが、指輪にしたときの存在感は抜群です。ダイヤモンドに限ったことではありませんが、宝石はやはり「大きさ」が、 その魅力を左右する大きな要素です。カラット以外にも、ダイヤモンドの善し悪しを測る物差しはあります。それが、すでに皆さんご存じの「4C 」です。これは「4つの C」と言われ、ダイヤモンドを選ぶときのポイントとされている要素です。ダイヤモンドの評価基準で4Cが標準です。

値段で選べない結婚指輪のTOPへ戻る