指輪の価値の見かた

鑑定書に記載されている「4C 」 ですが、これも単にグレードだけを見てい たのでは、ダイヤモンドの本当の品質は判りません。たとえば「カラー 」 です。ダイヤモンドの 4Cのひとつであるカラーは、無色透ーと、明を最上の Dカラーとして、黄色や茶色の色昧の度合いに応じてランク分けしています。昔はあまり重視されていなかっ たグレーの色昧についても、現在ではグレードの評価に反映されるようになりました。 ですが黄色や茶色、グレーやそれ以外の色昧がどの程度混じっているのかは、鑑定書のグレードを見ただけでは判りません。完全な無色透明のダイヤモンドというのは非常に珍しく、それだけに価値も高いものです。ひとつだけではまず判りませんが、たくさんのダイヤモンドを同時に見比べてみると、 それぞれに色の違いがあるのがはっきりと判ります。

値段で選べない結婚指輪のTOPへ戻る